20歳プロ初V

10月12日に行われた女子ゴルフSANKYOレディース最終日で、20歳の若林舞衣子がプロ初優勝を飾りました。20歳でのVは史上6番目の年少記録です。
最終日は、6バーディー、2ボギーの68で回り、通算8アンダーでプロ初優勝を遂げました。首位の茂木を追撃した最終日はチップインバーディデー発進。途中連続ボギーも叩いたが、インでは3バーディーを出し茂木を逆転。『これまでの経験で、最終日のバックナインが大事だと思っていました。後半の3バーディーは成長した証だと思います。』と成長した初優勝でしたね。
先週の日本女子オープンでは首位と2打差の2位で調子も良かったようだが最終日に崩れ28位に終わっていました。『今週のテーマはゴルフを楽しむこと。重い空気にならないように努めました。先週の教訓が生きたと思います』とまさに先週の仇を討った勝利でした。

今季ツアーは解禁中!ゴルフ一筋

若林はラウンド後でも黙々と練習をこなしています。いま頭にあるのはゴルフのことだけ。わき目も振らずにゴルフ一筋に打ち込んでいます。父親からは「まじめすぎる」といわれているほど。
また、若林は自立心もあり、専属コーチの指導を受ける若手が多い中、若林は独自の調整を続けています。携帯電話の動画で自身のスイングをチェックしおり、『画面を見れば、ここが違うと分かる用になってきたので、最近は苦労しません』ときっぱり。

若林舞衣子のプロフィール

1988年(昭和63年)6月9日、新潟県加茂市生まれの20歳。
アマでは、11歳でゴルフをはじめ、中学3年で関東ジュニア、日本ジュニア優勝。新潟の開志学園2年時の05年には、世界ジュニアで個人・団体の2冠を達成。同年のヨネックスレディスでローアマを獲得。06年はツアー10試合に出場してローアマを5回。同年の日本女子オープンでは6位と検討しました
プロ戦績は、07年のプロテスト合格後、同年のツアーに3試合出場し予選会28位で今期の出場権を獲得しています。今期は現時点で30試合出場して賞金ランク21位(4072万2000円)を獲得しています。

若林舞衣子